FX

サラリーマンがFXの収入を会社にバレないようにするには

サラリーマンは会社にいろいろな制約をかけられています。

中でも多いのは副業禁止をしている会社です。

2018年に厚生労働省がモデル就業規則が改定され、副業禁止の規定を削除しました。景気の悪化や時代の変化の流れで副業を認める会社も多くなったと思います。

しかし強制力が有るわけではないので、日本ではまだまだ副業禁止の会社がたくさんあります。

収入が少ないので副業で収入を増やしたい!!

と思う方もたくさんいると思いますが、「会社にバレると何を言われるか分からない!」と言われる方も多いですね。

しかし手順を踏んで申告すれば、会社にはFXの収入がバレないようになります。

FXの収益は申告が必要なのか?

給与以外に20万円以下の収入の場合は確定申告は不要?

所得税の場合は給与所得以外の収入があった場合、利益が出るまでの経費などを差し引いて、20万円以下なら確定申告をする必要が有りません。

しかし20万円以下でも住民税は別!

所得税の申告と勘違いをしている人がいます。副収入が20万円以下でも住民税の申告は必要です。20万円以下だから申告しなくていいと言うのは間違えですね。

こうすれば会社にバレなくなる

住民税の申告方法

FXなどの副収入が会社にバレる税金は住民税だけ!

サラリーマンは通常、住民税を給与から天引きをされる特別徴収で税金を収めています。

その場合は市町村から会社に通知が送られます。他の社員よりも税額が大きくなるため、給与などを管理している経理の方が気づいてしまいます。

そうならないために、確定申告の必要が有る人は確定申告書Bの一番下

住民税・事業税に関する事項の項目の自分で納付にチェックを

確定申告の必要がない副収入20万円以下の人は各市町村が用意している申告書の普通徴収にチェックを入れ申告してください。

※納税の方法は各市町村によって変わる場合がありますので必ず役所の窓口で確認してください。

まとめ

まずFX取引が副業に当たるかわかりませんし、会社によっては規約で副業禁止にはしているものの、全く問題視されない場合も有ります。

何事も穏便に済ませたい方は手間は掛かりますが、申告の際に自分で納付するに変更をしてみてくださいね。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ