FX

FXトレード・損小利大の前に勝率を上げよう!

損小利大。

トレードをしていると、よく耳にする言葉だと思います。

FXで例えるならば、20pipsで損切りを設定するならば、利確は20pips以上で利確しましょうということです。

今回は損小利大に付いて考えて行きたいと思います。

FXトレード・損小利大だけでは勝てない

損小利大でよく言われるのが、1:2くらいの比率が良いと言われます。

例えば「損10pipsに対して利益は20pips取りなさい」という事です。

単純に考えれば、勝率が50%だった場合、10pips負けても次に20pips勝てば、プラス10pipsの利益になるということです。

2回負けても1回勝てばトントンになるので負けにくいです。

しかし相場は甘くは有りません。

トレードを実践している人なら分かると思いますが、損失額に対して倍の利益を取るのはどれほど難しい事か。

できるだけ勝率を上げよう!

いくら損小利大のトレードをしていても、勝率が悪ければ意味が有りません。

水平線を引き、マルチタイムフレーム分析をして勝率を上げましょう。

上の画像は黄色の線が日足の20MA,赤い線が4時間足の20MA,青い線は1時間足の20MAです。

青い線のサポートラインを抜けたところでエントリーをします。

直近高値の少し上辺りに損切りをおいて1:2の損小利大のトレードをします。

フィボナッチに300%を追加してエントリーポイントから損切りポイントにフィボナッチ・リトレースメントを逆引きをすれば、300%のところでちょうど、1:2のリスクリワードになります。

勝っている人は逆張りが多い?

一般的には順張りを推奨する人が多いです。

しかし順張りトレードは損切り幅が開き気味になってしまいます。

以前にも書きましたが、固定pipsの損切りは根拠がなくおすすめできません。

損切りは基本的に直近の安値、高値に置くのが一般的です。

損小利大を考えると、利確幅は損切り幅より大きく取らなければならないのでトレードが難しくなります。

しかし逆張りの場合は、レンジの上限、下限での反発を狙ったり、直近安値、高値に水平線を引き反発を狙ったトレードのなるので、損切りはその付近に置くことができ、損切り幅が小さくなり、損小利大を実行しやすくなります。

ただ逆張りとは言っても、その前にマルチタイムフレーム分析で上位足のトレンド方向を確認した上で、下位足での逆張りトレードを実行します。

上の画像は15分足です。

下落トレンドから、直近安値を抜いて上昇していますが、4時間足の20MAにタッチして長い上ヒゲが出てたので次の足でショートエントリーをします。

損切りは長い上ヒゲの少し上に置きます。

逆張りは損切りポイントを狭くできるので、下落幅が小さくても1:2の損小利大のトレードができます。

上の画像は先程の15分足から4時間足にしたチャートです。

15分足のチャートでは上昇に転換していますが、4時間足で見るとちょうど売り戻しの場面で20MAにタッチしたあたりです。

サイコロトレードの損小利大では勝てない

損小利大を調べるとサイコロを振って50%の確率で損小利大のトレードを例えをする人がいます。

書籍でも損小利大を実行すれば、コイントスで勝てるようなことを書いている本もありました。

しかし実際にやってみると勝てないんです。

サイコロトレードもコイントス手法も、値幅や相場のボラティリティーを全く考慮していません。

サイコロは偶数か奇数、コイントスは裏か表。

数字で言えば0と1でしか物事を考えていません。

値幅や相場の流れ、強さなどを全く考慮していないんですよね。

これはMT4の自動売買で確認した人もいて、いろんなリスクリワードで検証していましたが、結局は右肩下がりのグラフになってしまいます。

そんな手法で勝てたら、みんなやってますよね。

まとめ

損小利大も大切ですが、いちばん大切なのは、勝率だと思っています。

レジサポラインを意識しながらマルチタイムフレーム分析で上位足の流れに逆らわないでトレードすれば勝率も高く、安心してトレードできると思います。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ