FX

FXトレードで大活躍、移動平均線を活用しよう

移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を線でつなげたものです。

例えば20MAは、過去のローソク足20本の終値の平均値を線でつなげて描画したもです。

種類はSMA(単純移動平均線)、EMA(指数平滑移動平均線)、WMA(加重移動平均線)の3種類が有ります。

上の画像はすべて20MAを表示させています。
SMA(オレンジ)、EMA(赤)、WMA(青)です。

一般的に使われる、SMAとEMAを覚えておけば問題はありません。

違いは、SMAは値動きに合わせて、まったり動く。

EMAは値動きに合わせて、敏感に動くと、考えてもらえれば良いでしょう。

細かな動きなどが違いますので、トレーダーの好みで使い分けます。

難しく考える必要はありません。

移動平均線は、誰もが初めに使う、テクニカル指標ではないでしょうか。

それだけに分かりやすく、使いやすいという事です。

移動平均線を使ってトレンドを把握する。

移動平均線は、単体ではあまり使われません。

2本から、3本と複数本をチャートに描画して使います。

短期+長期か、短期+中期+長期の組み合わせで使われることが多いです。

20MA+200MA 

20MA+75MA+200MA

数値に関しては、トレーダーから、よく意識される数値を使います。

この組み合わせでわかるのは、トレンドがアップトレンドなのか、ダウントレンドなのか、判断の目安にされます。

例えば

20MAと75MAと200MAの上にローソク足が推移していればアップトレンド。

200MAと75MAと20MAの下でローソク足が推移していればダウントレンド。

もっと単純に

200MAより上はアップトレンド、下はダウントレンドと、もっと簡単に考える人もいます。

トレンドラインや水平線は、使う人によって引くラインが変わってきます。

自分では、このラインが意識されるだろう、と思っていても、他の人は違うラインを引いて、全く違う場所で為替値が反応することが有るのです。

移動平均線の良いところは、誰が使っても数値さえ同じだったら、ラインの描画は同じです。

移動平均線と相性の良い使い方

移動平均線の、基本的な使い方として「ゴールデンクロスしたら買い、デッドクロスしたら売り」と言うのが有りますが、あまりオススメできません。

移動平均線がクロスすることは多く、だましが多いのです。

そのせいで、移動平均線は使えない説が出るくらい、評判がよくありません。

しかしクロス以外に使うと結構ハマったりします。

例えば下の画像を見てください。15分足のチャートです。

20MA(オレンジ),75MA(赤),200MA(青)をチャートに表示させています。

チャートを見ると、きれいにダウントレンドが形成されています。

丸で囲んでいる所を見ると、75MA辺りで何回かローソク足が弾かれているように見えませんか?

少し値を戻して、200MAにも反応して下落していますよね。

下の画像は上位足の4時間足です。

ちょうど、直近の押し安値を下に抜いて下落している最中です。

15分足では75MAが戻り売りのポイントととなっています。

ローソク足が75MAにタッチして、上髭が付いたローソク足が確定したら次のローソク足でエントリーする売りのロジックができます。

このように移動平均線が意識され、反発した際にエントリーポイントになることが多々あるのです。

移動平均線で人気の有るパーフェクトオーダー

移動平均線はゴールデンクロス、デッドクロスはダマシが多いと、説明しましたが、似たような手法で人気の有るものが有ります。

順番に短期>中期>長期と、完全に並んだ移動平均線を、アップトレンドのパーフェクトオーダーと言います。

ダウントレンドのパーフェクトオーダーは長期>中期>短期です。

SMA、EMAのどちらかは特に決まっていません。自分で好きな方を選んでください。

下の画像を見てください。順番通りに移動平均線が並んでいます。

これはアップトレンドのパーフェクトオーダーです。

基本的な使い方は、パーフェクトオーダーが出たら、そのトレンド方向にしか、売買をしないと言うものです。

例えばアップトレンドのパーフェクトオーダーが継続している限り、買いのみでエントリーをする。

売りは、その逆の手法にです。

エントリーポイントは移動平均線にタッチして反発したらエントリーとか、直近の高値、安値を抜いたらエントリーなどいろいろなエントリー方法が有ります。

それだけ人気の手法なんです。

移動平均線の弱点

  • レンジになると全く使い物にならなくなる。
  • 移動平均線のラインクロスは当てにならない。

などが有ります。

しかし移動平均線は、補助的に使えば、とても優秀なテクニカル指標だと思いますよ。

まとめ

移動平均線は単純で、視覚的にわかりやすく、使いやすいテクニカル指標です。

値動きがハマれば、優秀な売買シグナルとして、とても重宝します。

MACDなども移動平均線から派生したテクニカル指標で、移動平均線との相性もよく、組合させて、使っているトレーダーも多くいます。

使い方によっては、強い味方になってくれるでしょう。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ