FX

FXで勝てない敗者の理由 プロスペクト理論

人は誰しも、損をしたくは有りません。

それは当たり前の事で、自ら損を望む人はいません。

FXトレーダーなら、なおさらです。

大事な資金を失いたくは有りません。

人の損をしたくない心理状態を、プロスペクト理論で説明します。

FXので勝てない人のプロスペクト理論

ここで2つの質問をしてみます。

どのような選択をしましたか?

質問1では、リスク無しで100万円もらえるか、1/2の確率で、もらえる物も手に入らなくなるか、200万円もらえるかです。

ギャンブラーではない限り、大抵の人はリスク無しで確実に100万円をもらえる、1を選ぶと思います。

しかし、質問2はどうでしょうか。

「1を選択しても、どっちみち借金が残る、2を選択すれば借金がチャラになる可能性が有る」と考えた方が多いと思います。

これは実際に検証をされていて、質問1では堅実に100万円を手に入れようとしますが、質問2では、2のギャンブル性の高い方を、選択してしまう事が立証されています。

人は目の前の利益を、確実に取ろうとする心理と、損を望まない心理が有ると言う事です。

FXのトレーダーの心理状態

さきほど説明した事を、FXトレーダーに当てはめると、どうなると思いますか?

2つの例を上げて見たいと思います。

上記の例えで分かるのは、損をしたくないために、少しでも利益が出れば利確し、損失を確定したくないために、損切りができないと言う事です。

これはトレードをしている方にとっては、あるあるネタだと思います。

投資では損小利大が基本ですが、損大利小の悪いパターンにはまっています。

損切り貧乏も似たような感じです。

損をしたくないから、最小の損ですぐに損切りしてしまい、取れる利益を逃してしまいます。

プロスペクト理論を克服する

人は実験でも立証されたように、無意識にプロスペクト理論にはまっています。人の本質なんです。 

しかしトレードに勝つためには、損失を許与しなければなりません。

どうしたらプロスペクト理論を克服できるでしょうか?

損切りできるロットで取引する

損切りができない理由の一つは、損失額が大きいためです。

資金に対して損失額が大きいため、損切りができない人がいます。

損失は投資苑2でも紹介されている2%ルールを採用した方が良いと思います。

過去に記事にしていますので、参考にしてください。

取引ルールを決める

明確な取引ルールが必要になります。

取引ルールが決まれば、損小利大のトレードを計画して実行できるはずです。

エントリー条件は複雑すぎるとエントリーチャンスも減り、そのストレスから間違ったエントリーをする場合が有ります。

単純な方がエントリーポイント、損切りポイントが明確になりトレードしやすくなります。

以前にも記事にしていますので参考にしてください。

指値、逆指値を設定する。

トレードルールが決まれば、自然とエントリーポイントと損切りポイントが決まるはずです。

もし自分自身で損切りなどができないと、感じている人はエントリー後すぐに、利確ポイントと、損切りポイントの注文を入れてください。

そうすれば、自分の意志とは関係がなく、機械的に利確、損切りを実行できます。

エントリーポイントも明確になっていれば、IFD注文を出しておけば、注文後にチャートを見ることもなく、トレードができて精神的にも疲れません。

トレードノートを付ける

トレードノートを付けて過去検証をしましょう。

トレードノートには売買取引の情報以外にエントリーした時の感情、利確/損切りをした時の感情を書きましょう。

書くことでトレードの良かったこと、悪かったことがアウトプットできて、トレードの向上に役に立ちます。

今は記憶媒体も安価で大容量になっているので、自分で解説しながら動画のトレード日記をつけるのも良いと思います。

トレード動画を録画するならBandicam[バンディカム]が断然おすすめです。
声を出しながら、その時の状態を説明すれば、書くより簡単に説明出来るので、タイピングが苦手な人は、良いと思います。制限は有りますが、無料版も有りますので、是非とも試してください。

頭の中で納得するだけではなく、書いたり、喋ったりしてアウトプットすることが、大切です。

まとめ

プロスペクト理論を克服するのは難しいですが、自分でルールを決めて、それを実行すれば必ず克服できます。

資金が少ない人も取引量を適正にすれば、損切りの実行もしやすくなります。

損小利大の勝ちトレードを増やせば、自然と取引量も増え、平均利益も伸びるはずです。

「急がば回れ」と言うことわざが、昔から有るくらいですから、資金を無駄にしないように、有効的に利用しましょう。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ