FX

FXトレード・エリオット波動をかんたんに説明すると

エリオット波動は、ダウ理論とともに有名なテクニカルです。

相場の波にはパターンがあるとして、ラルフ・ネルソン・エリオットがエリオット波動を提唱しました。

株式で提唱されていたものですが、FXやBTCなどでも使える理論です。

それではかんたんに紹介したいと思います。

FXトレード・エリオット波動は推進5波、修正3波

相場の流れには波動が有り、推進5波、修正3波で一つの周期を形成していると考えています。

上昇5波、下降3波と言う場合も有ります。

推進5波と書いていますが、5つの波がすべてが上昇しているわけではなく、上昇トレンドを形成していると思ってください。

エリオット波動の3原則

エリオット波動には原則が3つ有ります。

  • 1.推進3波は推進1波、推進3波、推進5波の中で一番短くなることはない
  • 2.推進2波が推進1波のスタート地点を下回ることはない
  • 3.推進4波が推進1波の高値を下回ることはない

この原則はエリオット波動が成立するための3大原則です。

3大原則が確認できれば修正3波の予測をしやすくなります。

しかし実際の相場では必ずしも原則が当てはまるわけでもなく、トレーダーの裁量によって判断することが多いです。

エリオット波動とフィボナッチ

エリオット波動はフィボナッチと相性が良いと言われます。

エリオット波動では推進3波が一番長く続くと仮定されているので、推進2波で戻した所の反発を狙いたいところです。

推進2波は深めに戻すため、推進1波にフィボナッチリトレースメントを引き、推進2波が50%、61.8%辺りまで戻すと仮定し、反発を狙います。

推進5波を狙う場合は、推進3波にフィボナッチ・リトレースメントを引き、推進4波の反発を狙います。推進4波は戻しが浅いため38.2%辺りの反発を狙います。

ただし、フィボナッチで反発する数値は、一般的に反転することが多いと言うだけで、必ずそのポイントで反転をするわけでは有りません。

実際のトレードでは、トレーダーの裁量が必要になります。

フラクタル構造を意識してトレードをする

チャートはフラクタル構造になっています。

例えば推進1波も時間足を落として見ると、推進1波の中でエリオットの波動が1つのサイクルとして構成されていたりすることが有ります。

その波動を見て、大きい時間足のエントリー根拠にしたり、利確ポイントを設定することも出来ると思います。

まとめ

今回はエリオット波動を簡単に説明させていただきました。

他にも6つの波動パータンがあり、I波動、V波動、Y波動、P波動、N波動、S波動なども有りますが、基本的な波動は推進5波、修正3波と3原則を頭に入れておけば良いと思います。

もっとく詳しくエリオット波動を学びたい人は、パンローリング社のエリオット波動研究を読んで見ることをおすすめします。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ