FX

FXトレード、ダブルトップ・ダブルボトムを攻略してみる

FX取引をしていると、ダブルトップ・ダブルボトムと言う言葉をよく聞くと思います。

比較的に現れやすいチャートバターンで、トレンドの転換や、売買のサインとして活用されます。

今回はその、ダブルトップ・ダブルボトムの事を紹介したいと思います。

ダブルトップ・ダブルボトムとは

ダブルトップ・ダブルボトムは言葉の通り、2つのやまと2つの谷を表しています。

図で書くとこんな感じです。

トレーダーの心理とすれば、「直近高値を切り上げると思ったら、切り上げずに下がり始めてしまった。直近高値には強い売り勢力がいるかもしれない」と言う心理が働き、図のような形になってしまいます。

ダブルトップ

ダブルトップは「M」の文字のように2つの山が同じくらいの高値を付けて下落している時に確認ができます。

同じくらいの高値と言うのがミソで高値に売り圧力が有ることを示唆しています。

ダブルボトム

ダブルボトムはダブルトップの逆で「W」の字のように、2つの谷が同じくらいの安値を付けて、上昇している時に確認ができます。

この場合は売り圧力が有ることを示唆しています。

ダブルトップ・ダブルボトムは相場の反転サイン

2つの同じようなポイントで値動きが抑えられるため、そこには強い買い圧力、または売り圧力が有ると考えられ、そこからトレンド転換をする可能性が出てきます。

ネックライン

2つの山の中心にはネックラインが有り、このラインをブレークした時に、売買のタイミングを図ります。

ダブルトップ・ダブルボトムが出た時の取引方法

基本的なパターンはネックライン抜けからの、エントリーです。

例えば、ダブルトップのチャートパターンがでた時は、高値に売り圧力が有ることが考えられます。

なので、ネックラインを割った時に相場の転換が始まったと考えるため、ネックラインからエントリーする手法が一般的に使われています。

また、ダマシを回避するために、ネックラインを割ってもすぐにエントリーはせずに、いったん下がった後の戻しを待ち、再びネックライン付近で、下落を初めたらエントリーする方法も有ります。

ダブルボトムの場合はダブルトップの逆で考えてもらえれば、分かると思います。

ダブルトップ・ダブルボトムは利確の目安も分かりやすいです。

ダブルトップの場合はネックラインから高値までの値幅を基本的に利確目標にします。

ダブルボトムの場合も同じ考えです。

ダブルトップ・ダブルボトムのダマシ

定番のチャートパターンですがダマシも多くあります。

ネックラインを割ってエントリーをしたらそのまま上昇してしまった、なんて事もざらに有ります。

全体的なトレンドはどの方向に向かっているのかを確認しなければなりません。

マルチタイムフレーム分析で上位足のトレンドの方向などを確認したほうが、勝率も上がりやすくなります。

時間軸を変えて見る

ダマシを回避するためにダブルトップ・ダブルボトムが出た時間足より長い時間足でトレンドの方向を見極めることが大切です。

例えば15分足でダブルトップが確認できたら4時間足や日足を確認し、トレンドがどちらの方向へ向かっているのか、押し目や、戻り売りを形成している最中なのか、価格帯が高値に来てないか、安値に来ていないか、などを確認してエントリーをするとダマシを回避する確率が、ぐんと上がります。

上の画像では15分足と、4時間足を表示させています。
15分足では下落トレンドですが、4時間足で見ると上昇トレンドです。
青い縦線が同じ時間軸となっていて、15分足でダブルボトムが出た場所は、4時間足で見ると押し目を形成している所で、15分足ではエントリーする根拠ができます。

まとめ

ダブルトップ・ダブルボトムは頻繁にチャート上に現れてきます。

エントリーチャンスも増えるのですが、ダマシにやられる場合も多々有ります。

日頃から長い時間足を確認する癖を付けて、ダマシを回避するテクニックを身につける必要が有ります。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ