FX

FXトレードはこれを読めば大丈夫!おすすめの2冊

FXをこれから始める方や、すでにトレード経験が有り、もっと実力を上げようと向上心のある方もたくさんいらっしゃると思います。

FXの書籍を探しに書店に足を運ぶ人も多いと思います。

特に大型の書店に行くと、FXの書籍だけで何十冊の書籍が陳列されています。

それだけFXの書籍があると、どの書籍を買って良いか分かりませんよね。

しかもFXの書籍って結構、割高なんですよね。こんな薄い書籍が1,600円!!みたいに。

そこで、私が今まで買ってきた中で、この書籍は良かったなと思うFX書籍を、紹介したいと思います。

おすすめのFX書籍はこれだ!

1つ目は「改訂 確実に稼げる FX 副業入門」著者:堀 裕士です。

タイトルの”確実に稼げる”を見てしまうと胡散臭そうな書籍に見えますが、書籍の中身はテクニカル分析を駆使した真面目なトレードを解説している書籍です。

資金管理の方法からロウソク足の見方、水平線を使ったレジスタンスライン、サポートラインでのトレード方法など、勝つために必要な事が書いて有ります。

2つ目は「相場の壁とレンジで稼ぐFX (ダウ理論を補強する複数時間軸とテクニカル指標の使い方)]著者:田向 宏行です。

こちらの書籍はダウ理論をベースにマルチタイム分析でチャートを分析し、レンジのサポートラインや、レジスタンスラインをうまく利用してトレードをする方法などが書かれています。

この書籍を読んでおけば、ダウ理論を意識したトレードができるようになると思います。

同じ著者が書いている、前作の「ずっと使えるFXチャート分析の基本」でも良かったのですが、「相場の壁とレンジで稼ぐFX]のほうがマルチタイムフレーム分析などの、細かい説明などが書いてあるので、今回はこちらにしました。

ずっと使えるFXチャート分析の基書籍」もとてもいい書籍ですよ。

あまり多くの書籍を買っても意味がない。

2冊の書籍を紹介してみました。

しかし、世の中にはいろいろなFXの書籍があるものです。

みなさんも立ち読みして感じているかもしれませんが、どの書籍も内容は似たりよったりです。

書籍のタイトルは目を引くような事を書いていますが、中身はローソク足の見方や、トレンドラインの引き方、移動平均線の見方など、大抵は同じような内容が書かれています。

たくさんの書籍を買う必要は有りません。立ち読みで十分です。

Amazonのレビューは当てにならない

最近はAmazonで書籍を買う人が多いと思います。

わざわざ、有るか、ないか分からない書籍を見に書店まで足を運ぶのも面倒ですからね。

AmazonでFX書籍などを買う際に、問題になって来るのは内容の確認が出来ないことです。

FX関連の書籍は値段も高いですから良本かどうか見極めたいところです。

そこで参考にするのが書籍のレビューです。

これはみなさんも同じだと思います。

しかしレビューの評価が高かったから、良い書籍とは限りません。

個人的には星が1つ、2つの悪いレビューの記事を参考にしたりします。

例えば以前、「最強FX1分足スキャルピング」と言う書籍を買った事が有ります。

当時はスキャルピングを勉強していたので、書籍の帯に書いてある「最短で億超え出来る投資法」と言うキャッチフレーズに目が止まりました。

当時のレビューの評価もそれほど悪くなく、購入したのですが正直がっかりした内容でした。

書かれた投資法の内容ではエントリーチャンスは週に1~2回、有るかないか位。

常にチャートに張り付いていないと見逃してしまうような、再現性の乏しい手法でした。

書籍の内容も半分以上、他の書籍と同様にトレンドラインやエリオットの波動などの基本的なテクニカルの説明でがっかりした覚えが有ります。

FX書籍を買うときの注意

これまでFXの書籍をたくさん買って来ましたが個人的に、この書籍は買わなくていいと思う書籍には特徴が有ります。

著者がFXなどのスクールやセミナーなどを運営していて、書籍を読んでると、ちょくちょくスクール生のコメントや話が出てくるような書籍は要注意です。

大体はスクール生がスクールを称賛するようなコメントか、スクール生やセミナー受講者のどうでもいいような質問、回答などが書かれていて、FX書籍としては内容が薄く、買う価値が有りません。

また複数の勝ち組トレーダーの手法をまとめて載せてる書籍や、口座の開設の仕方から書いている超初心者向けの書籍、FXのムック本も立ち読みで十分です。内容が薄すぎて、ネットで調べれば十分なレベルです。

Amazon Fire HDの勧め

これからは電子書籍の時代です。

まだタブレットを持っていない人はfire HD 10がおすすめですよ。

値段もやすいし、大きさも適度な大きさで、書籍によっては音読してくれる物も有ります。

Amazonプライム会員であれば、無料で読めるFXの書籍もたくさん有りますので、おすすめです。

どこでも読めますし、書店に行かなくても書籍の一部が無料サンプルとして見ることが出来ます。

うつ伏せで本を開いて読んだりすると結構疲れますが、タブレットだと立て掛けておけば良いので楽に読むことが出来ます。

まとめ

今回はおすすめの書籍を2冊紹介させていただきました。

他の方は何十冊もおすすめの書籍を紹介していますが、そんなに読んでも勝てるわけでは有りません。

巷に出回っている書籍は大体同じような事を書いています。

自分自身に有った書籍があれば、それ1冊で十分だなと思います。

書籍に費やす資金があるならば実践で試行錯誤しながら勉強するのが一番良いと思います。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ