FX

FXトレードでボリンジーバンドを使ってみよう

みんな大好きなボリンジャーバンド。

ボリンジャーバンドは昔から人気の有る、テクニカル指標です。

FX以外にも株、先物、仮想通貨など、利用している人は多いのではないでしょうか。

ボリンジャーバンドは、移動平均と標準偏差を描画した、トレンド系のテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの拡張、収縮などを見てトレンドの指標として活用します。

MT4でボリンジャーバンドを表示してみる

MT4でボリンジャーバンドを、表示させてみます。

ツルールバーの星がついたアイコンをクリックするか、Ctrl+Nでナビゲーターを起動させます。

インジゲーターのトレンドのアイコンをクリックすると、「Bollinger Bands」が出てきますので、それをチャートにドラッグドロップします。

パラメーターが出てきますので、期間を設定し偏差を2とします。

期間は通常20で問題ないです。スキャルピングをする人は9~10位にしているようです。

OKのボタンをクリックすると、2σのボリンジャーバンドがチャートに描画されました。

同じ手順を、2回繰り返し、期間を同じにして、偏差1、と3を作ってください。

そうすると1σ、2σ、3σのボリンジャーバンドが表示されたはずです。

バンドが同じ色なので、シグマごとに色を好きなように変えてください。

ボリンジャーバンドのσ(シグマ)ってなに?

σ(シグマ)は標準偏差を描画しています。

簡単に言うと、現在のレートが移動平均値とどのくらい、ばらつきがあるのかを、表しています。

シグマの動きは移動平均線が上昇または下降し始めるとバンドが 膨張し。移動平均線の動きが少なくなると、バンドが縮小する特徴が有ります。

1σ、2σ、3σの特徴を見る

各シグマごとに確率が有ります。

  • 1σ:為替レートが68.3%の確率で±1σ範囲内に収まる
  • 2σ:為替レートが95.5%の確率で±2σ範囲内に収まる
  • 3σ:為替レートが99.7%の確率で±3σ範囲内に収まる

以上のような特徴があります。

あくまでも確率論の話で、実際は確率のように、うまく行かないことも多いです。

FXでのボリンジャーバンドを使ってみよう

それではチャートに、ボリンジャーバンドを描画して見てみましょう。

もしバンドが見づらかったら色を変えたり、点線、 破線 にしてください。

ちなみに開発者のジョン・ボリンジャー氏は期間20で2σしか描画しません。

1σや3σは後からトレーダーが、付け足すようになったようです。

スクイーズ

下の画像を見てみると、脈絡もない細くなったバンド部分が有りますよね。

これはスクイーズと言って値動きがない相場でこのような状態になります。

エクスパンション

下の画像を見ると先ほどとは違い、バンドが上下に膨張しています。

これはレートが動き始め、トレンドを形成する時に出る状態です。

ローソク足が、±2σや±3σに沿って推移することを、バンドウォークと言います。

強いトレンドが出ている時に出る現象です。

上の画像では2σと3σの間をバンドウォークし、トレンドを形成しています。

ボリンジャーバンドで勝つる

ボリンジャーバンドの特徴をふまえて、バンドがスクイーズしている時に、±2シグマにタッチしたら逆張りをする手法が有ります。

画像では、±2σや±3σにタッチした、上ヒゲまたは下ヒゲが長いローソク足が確定したらエントリーを考えたいです。
逆張りなので欲張らずに、利確したいですね。

トレンドが出ている時、±2σタッチでエントリー、利確はボリンジャーバンドの中心と言う、オーソドックスな取引手法が有ります。

上の画像では、直近の高値を抜いた後に、ローソク足が2σの上で確定しているので、次の始値からエントリーをしたいところです。

また、トレンドが出いて、押し目または売り戻しが発生している時に、±2σにタッチしたら、そこが押し目、戻し売のポイントと考え、エントリーする方法も有ります。

上の画像では、押し目が-2σにタッチして反発しています。
反発が確認できたので、エントリーを考えたいですね。

まとめ

今回は簡単に、ボリンジャーバンドについて、まとめてみました。

ボリンジャーバンドは視覚的にわかりやすく、人気があるテクニカル指標だと、分かっていただけたと思います。

ジョン・ボリンジャー氏いわく、ボリンジャーバンドは順張りで使うものと定義をしているようです。

バンドを見ればトレンドの流れを、確認しやすくエントリーのタイミングも取りやすくなると思います。

ABOUT ME
ライダー
バイクを維持するために投資を頑張っています。 自分の投資を振り返りながらブログをかいてますよ